S-tuned

おやじの4mini自己満足チューニング記録

ゴリラ

中華進角CDI

投稿日:

ゴリラのCDIは、武川の物を使っていますがこのCDI進角しないんです。エイプとモンキーはSP-TDCを使っているので点火時期を自由に調整できるので、ゴリラの点火時期にはかなり不満です。高回転でもっと進角させたいんです。そこで、新しくCDIを購入してみました。

よくヤフオク等で見るやつです。ゴリラは、武川のスーパーストリートアウターローターキット(6Vシャリー用)使っているので、CDIのカプラーがカブ用で、モンキー用のCDIがつかえなかったんです。今回、購入したCDIは変換ハーネスもついていたので、このCDIがだめでも変換ハーネスが使えればよいかと・・・・思っていたのですが、この変換ハーネスもダメで、そのまま使えませんでした。取り付け自体はCDI交換なので簡単に終わったのですが、なぜかエンジンがかかりません。理由は簡単で、プラグから火が飛んでいませんでした。不良品かと思ってモンキーの純正CDIを試したのですが、これも火が飛びません。そこで、ちょっとネットで調べると簡単に原因がわかりました。下の写真の、赤枠の配線が逆でした。原因がわかれば簡単に直せますので、サックっと配線を入れ替えます。

これで、無事にエンジンは始動したのですが、アイドリング域(2000回転付近)の点火時期が18度位、そこから3000回転位まで進角していくといった点火時期でした。結果としては、最大進角で約27度という残念な結果となりました。

結局、始動時にケッチンしないように点火時期を遅らせてあるCDIでした。高回転では、武川のCDIと変わりがありません。やっぱりSP-TDCみたいに自由に点火時期を変更したい。

-ゴリラ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴリラ エンジン インプレッション 

5月に載せ替えたエンジンのインプレッションですが、その前にエンジンの仕様はこんな感じです。 排気量 49cc キャブ PC20 メイン80・スロー35・ニードル真ん中 マフラー オーバー レーシングダ …

ゴリラ フロントフォーク交換

中華フォークに、ヤマンボを装着しているゴリラですが、かなり前にきれいにした武川のフォークに交換していきます。 ハンドル、ライトなどじゃまなものを外していきます。 ここまで外したら、ステムごとフロントを …

ゴリラ エンジン 不具合対策➀

まず、スタッドボルトのゆるみの対策ですが、新たに工具を購入しました。今までは、ダブルナットで取り付けていたのですが、スタットボルトインストーラーという工具を購入しました。この工具を使て取り付けると、き …

放置車両

何年も、放置状態です。ちょっと、邪魔なので動くようにしようと思います。

ゴリラ整備④ クラッチカバー

このエンジンをバラスつもりはないのですが、全体的に少しきれいにしていこうと思います。まず、クラッチカバーを外して、ブラストしていきます。 このクラッチカバーちょっと問題があって、クラッチケーブルの取り …