S-tuned

おやじの4mini自己満足チューニング記録

ゴリラ

ゴリラ パンク

投稿日:

写真ではわかりにくいですが、ゴリラのリアタイヤがパンクしました。パンク修理のついでにタイヤも新品に交換しします。

サクッと、リアタイヤを外します。ここまでは簡単なんですが・・・

合わせホイールから、タイヤを外すまで1時間以上かかりましたが、何とかタイヤを外してチューブを取り出すことができました。チューブを、確認するとすぐにパンク箇所を発見できました。なぜこうなったのかわかりませんが・・・。

ホームセンターで、パンク修理キットを買てきたので、このキットを使って修理していきます。

説明書を見ながら作業して、10分ほどでできました。ほかに漏れがないか確認してチューブの補修は終了です。

使用するタイヤはこれです。ダンロップD307今までのタイヤはDUROの3.5-8だったのでかなり細くなる感じです。

タイヤを組んでいきます。まず、タイヤにチューブを入れてある程度空気を入れてチューブを膨らましておきます。これで合わせホイールを組付ける際に、チューブをホイールに挟まないようにします。ホイールを取り付ける前にビードワックスをたっぷり塗っておきます。

合わせホイールなので、ボルトを締め付けていけばタイヤははまります。タケガワの合わせホールの締め付けトルクは、10~14N・mなので12N・mでしめます。

リアハブとスプロケットを取り付けます。(リアハブボルト取り付けトルク24~30N・m スプロケットボルト30~36N・m)

スイングアームにリアタイヤを取り付け完成です。(リアアクスルナット40~50N・m)下の画像と比べるとかなり細くなった感じです。う~んといった感じですが、今後10インチ化のつもりなので、今回はこれで終了です。

-ゴリラ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴリラ整備④ クラッチカバー

このエンジンをバラスつもりはないのですが、全体的に少しきれいにしていこうと思います。まず、クラッチカバーを外して、ブラストしていきます。 このクラッチカバーちょっと問題があって、クラッチケーブルの取り …

ゴリラ エンジン 不具合対策➀

まず、スタッドボルトのゆるみの対策ですが、新たに工具を購入しました。今までは、ダブルナットで取り付けていたのですが、スタットボルトインストーラーという工具を購入しました。この工具を使て取り付けると、き …

とりあえず完成

とりあえず、不具合は解消しました。白煙の原因はオイル上がりでした。シリンダーと、ピストンのクリアランスがガバガバでした。シリンダーを別のものにして、ピストンリングを新品に交換して白煙が出なくなりました …

ゴリラ 整備①

かなり汚いので、バラしながらきれいにしていこうと思います。 タンクは、ほこりまみれですが傷はないので、ガソリンキャップをきれいにすればきれいに見えるでしょう。 ガソリンキャップは、メッキング&#038 …

ゴリラ スイングアーム交換

ミニモトの、アルミ製ハイパースイングアーム+8cmを購入しました。お値段11715円と、他の国内メーカーよりはかなり安く作りが心配でしたが、特に大きな問題もなく取り付けることはできましたが、1点いまい …